ポンポン

いつもの風景に雪化粧or異世界感を「Full Spectrum Camera」


なんでもないような井の頭公園が。

ファンシーな雪で彩られ。

どこにでもあるような神田の路地が。

侵食されたかのような異世界から現実世界への通路となるのです。同じカメラアプリを使っているとは思えない変貌っぷりじゃないこれ?

赤外線・紫外線写真ぽくなる「Full Spectrum Camera」

本来目には見えない赤外線と紫外線。普通の写真や動画撮影においては邪魔して変な色になってしまう原因となるため、普通のカメラやスマホでは、これらの光が入り込まないように作られています。

そこをあえて、写り込んだようにフィルターをかけてくれるのが「Full Spectrum Camera」(iOS・370円)のできること。光があたっている葉っぱや木々の部分を白粉をかけたように加工してくれます。

色のバランスは大きく崩れますが、淡いトーンの世界観を診ているとほわんとした気分になるじゃない。

このアプリの面白いところは、光の三原色である赤・緑・青をそれぞれ入れ替えることができるとこ。本来赤の部分を青色にチェンジ、青色を緑にチェンジするカラースワップができちゃうとこ。

最近流行りの、同じトーンの連続写真をいくらでも量産できるし。

フォルスカラー(False color)と呼ばれる赤外線写真ならではの編集テクもOKで、ポップな雰囲気も出せちゃう。

そして暗い場所でも色が残っていたら、明るさを最強に近づけようとする機能(INFRARED BOOST)を使うと、バグった世界のような編集もできちゃうんです。

真偽の審議はさておき、一風変わった写真が撮りたい皆さまに広くおすすめしたいこのアプリ。iPhone、iPad用にリリースされていますよ。

Full Spectrum Camera
iOS・370円