ポンポン

ドイツの駅弁の寿司がウマイ! ってドイツ人に言ったら否定された


ドイツって魚介類が美味しいと思うのですよ。

サーモンのマリネもソテーもうまいし、

ニシンの塩漬けサンドイッチ「マチェス」も美味しい。

特にハンブルグやリューベックあたりの魚介料理がウマイ。

ノルウェーやスウェーデンが近いからかなあ。

ハンブルグ駅で駅弁として売られていた寿司もうまかったんでよ。

カルフォルニアロール的なものが入っているので、

寿司マニアの人には「期待できない」とか思う人もいるかもしれないけど、

とりあえず買ってみたわけです。

11.50ユーロだったので、今の相場だと日本円で1500円くらい。

カルフォルニアロール的な寿司が入ってないやつ買いました。

そして電車に乗ったわけです。

さっそく寿司の駅弁を食べてみました。

醤油入れがなかなかいい感じ。好き。

寿司はしっかり寿司! 本物の寿司。

見た目は日本の寿司と変わりない。

重要なのは味。

まずかったらガッカリなのだが……

うまい!

酢飯もうまい!

魚介もウマイ!

買って正解だったわぁ♪

でも、ドイツ人に「ドイツの駅弁の寿司がウマかったよ」と言ったら

「まじ? うまくないけどなあ……」みたいな反応でした。

悲しいです。

もっとドイツの寿司を信用していいよ!