ポンポン

Uber Eatsで「もう1つ無料」が流行ってるから本当に同じ料理が2個届くのか確かめてみた


ウーバーイーツ、メニュー、出前館、フードネコ、いろんなデリバリーサービスが人気を博しています。皆さんも外出する機会が減り、デリバリーサービスでお気に入りのお店ができたのではないでしょうか。

お得にオーダーしたい人は新規のデリバリーサービスを利用すると良いことは広く知られています。新規デリバリーサービスは初回特典やクーポンをばらまくので、それを利用してオーダーすると、他の同様のサービスよりお得に食べられることがあります。

Uber Eatsは古参のデリバリーサービスですが、「1つ頼むともう1つ無料」という企画を展開していて、よく考えれば2個2000円が2個1000円になり、2個4000円が2個2000円になるので、そこらへんのクーポンよりかなりお得。

ということで注文してみました。いつもは実際に店に行って食べている、お気に入りのタイ料理屋。カオマンガイをデリバリーオーダー。もちろん「1つ頼むともう1つ無料」の対象店。そして届いたのがこれ。ちゃんと2個届きました! 本当だった。

しかし、気になったのは料理の量。2つの料理を比較すると、同じ料理でありながら片方は少ない気がします。重量は測ってませんが、2割ぐらい量が少ないかも!? パクチー的なヤサイもないような……。

しかし、だからといってクレームをつけてはなりません。あくまで「1つ頼むともう1つ無料」であり、少ない、多い、に関する記述はありません。たとえ量が少なくとも、文句を言うべきではないのです。

極論だが結論……

たとえ量が半分だったとしても1つ無料なのは確か。

量が少なくても多くてもカオマンガイはカオマンガイ!

もうひとつ、クレームをつけてはいけない理由があります。もしかすると、少ないほうの料理がデフォルトで、多いほうの料理は「サービスで大盛りにしてくれている可能性」があるのです。そんな善意の店にクレームなんて付けられません。

その味ですが、いやー、やっぱりうまい。米の炊き具合、旨味の浸透具合、鶏肉の柔らかさと旨味、そしてソースの完成度の高さ、すべてが良い感じ。リピート決定です。