ポンポン

900円で鯖棒ずしつきランチ。気持ち的にめっちゃぜいたくランチ「ごっつり 浅草橋店」(東京・浅草橋)


八戸のさばって肉厚で脂もしっかりとのっていて、すっごく旨いな!と初めて気がついたのはいつだっけ。

2014年に参加した鯖サミットのときだっけ。それともはじめて北千住のごっつりに行った、2015年だったっけ。

関東では初めて再会したイカのルイベにも撃ち抜かれて、日本酒飲みすぎて記憶うっすらになっちゃったんだけど。

ごっつりとは、北千住南千住浅草橋にある居酒屋。八戸前沖さば、田子にんにく、十三湖のしじみ、八戸せんべい汁、青森シャモロックなど、青森県の美味しい食材がたっぷり食べられるお店なんです。

特に推しになっているのが八戸前沖さばでしょうか。八戸前沖さば県外PRショップとして、サバ串焼き、サバ刺し(ヅケ、シメ、味噌ジメ)、サバサンドやサバ棒ずしが選り取り見取りでサバルーティーンしたくなっちゃう。

浅草橋のごっつりはランチ営業もしているのですが、これがもうがっつり系でたまんない。

お値段は一律900円で、僕が行った日は「鯖と鮪の漬けとろ定」「十和田牛バラすき煮定」「鯖カツスパイシーカレー」「鯖三種刺盛り定」などがあってワクワクがすぎる。ので、僕は「鯖棒ずしあべどり唐揚げ」を頼んでみた。

メインとサブと汁物に小鉢が3つという、素晴らしい光景が広がります。

このおめでとうございます感というか、おもてなされている感といいますか。旅館のごはん感といえるともいいますか。

メインの鯖棒ずしを御覧ください。この有無を言わせない肉厚さを。しかも生々しさがある感じの棒鮨ででで。お取り寄せ系だったら2000円3000円クラスはいっちゃうんじゃないのコレ。

フカフカで柔らかくて熱いまま1口で頬張りたくなるあべどりの唐揚げも、別枠でごはんか酒を頼みたくなってしまうもの。

そして八戸の尊き郷土料理であるせんべい汁もついてきます。これが、また、優しい味かつ具だくさんで、たっぷりな豪華ランチ感を支えてくれるものなのですよ。

酒もいいものが揃っているし、マジで旅館にきたかのように昼間っから一杯仕込みたくなる(酒好きにとって)ハイレベルな贅沢ランチ。また行きます!!!!!

ごっつり 浅草橋店
Twitter


コメントを残す